ブログトップ
あとりえ・みんなのブログ
atolie.exblog.jp
<   2012年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧
はじめまして!
早稲田大学芸術学校2年あさのです。
2月中旬から今日までお世話になりました。

仕事が遅くて自己紹介のブログも最終日にという結果に…
ご迷惑ばかりかけてしまいすみませんでした。

建築を学び始めて1年、初めてのオープンデスク。
実際に建てられる仕事に関われたのはとてもいい経験になりました。
主に南麻布に計画中の住宅模型の制作をさせてもらいました。
お客さんとの打ち合わせに使い、プレゼントする模型なので緊張しました。
今まで課題の模型をマイペースに作ってきたので、時間がかなりかかってしまいましたが、事務所の方に手伝ってもらいながら何とか完成しました!!
大事な仕事をお手伝いでき非常に嬉しいです!

事務所の方は皆優しく何でも教えてくれるので、模型のことや旅行のことなど、いろいろ勉強させていただきました。ありがとうございました!!
事務所には顔を出しませんが、3月1日にはつくばで展示のお手伝いに行きます。
楽しみです!
[PR]
by atolie | 2012-02-28 12:06 | ごあいさつ | Trackback | Comments(2)
はじめまして。
こんにちは。
2月の中旬からオープンデスクに来ている
金沢工業大学3年のいまだです。
初めてのオープンデスクで不安一杯で始まりましたが
あとりえの皆さんにやさしく教えてくれ、不安も少なくなり
模型製作などを通して、毎日たくさん事を学べています。


今日は明日から茨城県のつくば美術館で開かれる
   「つくば・おとなりの建築家展2」
の設営のために電車でつくばまで行ってきました。
たくさんの建築家さんが自分たちのお仕事を
模型や写真で紹介していてとても面白いと思います。
また、期間中に子ども向けにワークショップもやっていて
毎日大きくなっていく予定なので、最終日にはどんなものが
出来るか今から楽しみです。
お時間有れば、ぜひつくば美術館に行ってみて下さい。


残り3週間もたくさん勉強していきたいと思います。
[PR]
by atolie | 2012-02-27 17:18 | ごあいさつ | Trackback | Comments(0)
カクメット届きました
a0117794_1662447.jpg


これからはこのヘルメットで現場管理です。
ちなみに紺色が女性用、ピンク色が男性用、
ということになっています。

iPhoneから送信
とりやまあきこ
[PR]
by atolie | 2012-02-24 16:06 | できごと | Trackback | Comments(0)
景色を切り取る窓:アイデアボックス第4回
お家の窓にはいろいろな役割があります。

風をとりこんで換気や通風をとったり、
光をとりこんでお家の中を明るくしたり暖めたり、
いわゆる「通風採光」というやつですね。

あとりえがもう一つの大切にしているのが、
「景色を切り取る」という役割です。

お家を計画する敷地の真ん中に立って周りを見渡すと、
すてきな景色が見える方角と、そうでもない方角があります。

周りが全てすてきな景色ばっかりだったら良いのですが、
なかなかそうはいきません。

そんなとき、「すてきな景色だけ」を切り取る窓を作ります。
しかも、可能であれば、
贅沢にFIX窓(=はめごろし窓のことです)にします。

「カフェメモリーズ」の窓。
a0117794_1452974.jpg
建物の奥のちょっと暗い中にポツンと見える窓なのですが、
外のキラキラした雑木林の景色が目に入ると
思わず近づいてみたくなります。
(あ、手前にいるのは、とりやまの母と息子で、
とりやま本人ではありません)

「イロイロのイエ」の窓。
a0117794_143582.jpg
窓の中には畑と林しか見えませんが、
窓に切り取られた景色の外側には別の建物が建っています。
建物がちょうど見えないように景色を切り取っているのです。
a0117794_1452399.jpg

窓は大きく作れば作るほどいいものだとは考えていません。

効果的にすてきな景色だけを切り取るためには、
窓を大きく作りすぎないというのは
けっこう大切なポイントなのです。

窓は壁よりも断熱性能が低いので、窓が大きいと、
建物全体の断熱性能も低くなります。
また、壁が多い方が建物は丈夫になり、
室内に絵を飾ったり物を置くスペースを確保できますので、
窓を大きくしないことには、いいことがたくさんあります。

もちろん、必要な通風や採光は、
切り取り用以外の他の窓たちとも協力してきちんと確保します。
見たくない方角にも、通風採光用に窓が必要な場合は、
目線より高い位置に作るなどの工夫をします。

これは田園越しの学園都市を見渡す「晴耕雨読の家」の窓です。
a0117794_143177.jpg
キッチンに立った時に、
この絵のような景色を正面に見ることができます。
a0117794_1425867.jpg
両側には通風用の窓が
きちんと確保されているのがわかるでしょうか。



今回ご紹介した窓たちは、
窓枠を壁と同じ白色に塗装することで存在感を消し、
景色だけが切り取られてくっきり見えるようにしています。
逆に、窓枠をしっかりと木の色を出した枠にすると、
景色が額縁に入っているように見えるフレーム効果もあります。


今回載せた以外にもたくさんの素敵な窓があるので、
2月28日(火)〜3月4日(日)開催の
「つくば・おとなりの建築家展2」で紹介しようと思っています。

つくば美術館におこしの際は、
あとりえコーナーにぜひぜひ足をお運びくださいませ〜。


とりやまあきこ
[PR]
by atolie | 2012-02-24 15:22 | あとりえのアイデアボックス | Trackback | Comments(0)
上棟しました
2/14 バレンタイン、大安。
何かとおめでたい日に上棟を迎えたT邸です。
a0117794_2136393.jpg

お清め、祝詞奏上と滞りなく行われました。
a0117794_2137382.jpg

祝詞奏上はいつもながら緊張感があります。
a0117794_21374528.jpg

式を終え直会です。お施主さまよりお弁当をいただきました。
a0117794_2142458.jpg

美味です。満腹です。満足です。
バレンタインだったので、チョコまでいただきました。

上棟が終わり、いよいよ一気に現場が動き始めます。
まだまだ、途中でありますが、とりあえず、
おめでとうございました。
a0117794_21511356.jpg


あとりえ 嶋田
[PR]
by atolie | 2012-02-16 21:53 | :すべり台の家 | Trackback | Comments(0)
つくば市Sさま邸スタートしました!
2月14日、つくば市Sさま邸の地鎮祭が行われました。
a0117794_2220145.jpg
a0117794_2219515.jpg


Sさま邸は同じ日に上棟式があったTさま邸に続き、二階建ての二世帯住宅です。
お店風のエントランスがあったり、2階には広々と開放的な家族のためのスペースがあったりと、こちらも素敵な二世帯住宅になりそうです。
また模型など作成しましたらアップしますので、乞うご期待です。

2月14日はバレンタイン。
奥さまからこんな素敵なチョコレートを頂いちゃいました。
事務所へ帰ってからさっそく皆で美味しくいただきました◎
a0117794_2222383.jpg


あとりえ 山口
[PR]
by atolie | 2012-02-16 21:30 | :cafe+libraryの家 | Trackback | Comments(0)
ポイントで自然素材を使う:アイデアボックス第3回
今回はポイント的に自然素材を使うアイデアのご紹介です。

和室などにコートを掛けるためのハンガーパイプを設置したいなどという場合、ステンレス製の金具を設置してしまいますとせっかくの暖かい雰囲気をこわしてしまうことがあります。
つくばのHさま邸の和室ではお客様のコート掛け用のバーとバーの受け材を大工さんにお願いし、木を加工して作ってもらいました。↓
a0117794_20152387.jpg

a0117794_20362256.jpg

これなら和室の雰囲気を壊すこともありません。バーは取り外しておくこともできます。
a0117794_20153998.jpg


また、あとりえでよく使わせていただいている「takeko(タケコ)」というアクセサリーのシリーズもおすすめです。
http://www.ateliercabinet.com/shop/products.html
その名のとおり「竹」を使って作られた製品です。
コートフックやタオルリング、トイレのペーパーホルダーなど、ステンレスなどでできた無機質なものを使うと冷たい印象になってしまうことも多いのですが、こちらのシリーズを使うと暖かい印象になりますし、空間のアクセントにもなります。
Hさま邸ではキッチンの入り口のコート掛けコーナーにtakecoのフックを設置しました。
a0117794_2026461.jpg

a0117794_20263381.jpg

全体からみると小さな部分ですが、こういった小さなアクセサリーが空間の印象をがらっと変えてしまうので面白いです。


あとりえ:山口
[PR]
by atolie | 2012-02-14 20:49 | あとりえのアイデアボックス | Trackback | Comments(0)
ちょっとした小上がり空間の床下利用:アイデアボックス第2回
今回は、リビングなどの小上がり畳空間の、目立たない床下収納の利用についてです。
小上がりの下は空間があり、高さの有効が20cm~30cmあります。
※小上がり高さより変わります。
この空間を使用しないのはもったいないけど、そのために戸をつけたりするほどでなく、簡単に雑多なもの入れとして使用したい、という場合にちょうどよい方法があります。下図をご覧ください。
a0117794_15355837.jpg

a0117794_1536108.jpg

図のように、畳を敷く場合に下地の合板が貼られます。その一部を釘で止めず、取り外しできるようにしておきます。この板に、取手用の穴あけがされれば、床下収納扉の完成です。普段は畳の下にあり、収納の存在を感じさせませんが、普段使用しないものを入れておくにはもってこいの空間となります。
※つくば市W邸のお施主さまご提案です。

あとりえ:嶋田
[PR]
by atolie | 2012-02-07 15:42 | あとりえのアイデアボックス | Trackback | Comments(0)