ブログトップ
あとりえ・みんなのブログ
atolie.exblog.jp
扉の色をかえてみる:アイデアボックス第10回
これまでのアイデアボックスでも
壁の一面だけに違う壁紙を貼ったり、
部屋ごとに壁一面だけ好きな色にする、
といったアイデアをご紹介してきましたが、
今回は、壁ではなく、扉の色をポイントで変えてみる実例をご紹介します。


森を眺める黒い家では、
基本的に室内の建具は、壁と合わせて白色にして、
その存在を消していますが、トイレの扉だけは赤色になっています。
a0117794_14114710.jpg

濃い色のウォルナットフローリングとしっくい壁のシックな空間の中に、扉でアクセントをもたせることで、とてもモダンな雰囲気になっています。
a0117794_14124946.jpg

これなら、遊びにきたお客さんに「トイレはどこ〜?」
と聞かれても、案内しやすいですね(笑)



また、2階の子供部屋の扉も、
お子さまたちに好きな色を選んでもらい、それぞれ別の色で塗装しています。
a0117794_14131456.jpg

それぞれの部屋にアイデンティティが生まれ、
無機質になりがちな廊下も楽しい空間になります。


最近では、大手メーカーさんの既成品の扉でも、
天然木のような風合いのものや、デザイン性のあるものもありますが、このように好きな色に塗装できるのは、やはり造作品ならではです。


この他にも、扉の内側と外側のを違う色にすることもできるので、
リビングや廊下からはあまり目立たせたくないけど、
トイレの中だけは鮮やかな色で冒険したい!
という方にもおすすめです。



今回は、扉の色にクローズアップしてご紹介しましたが、
扉は色だけでなく、その幅や高さ、枠の厚みや細かな納まりによって、空間の表情を大きく変えることができます。

そのあたりの話はまた今度。



約2年間ほどあとりえを離れ、
この度またあとりえに戻ってきました 石川(飯田)でした。
今後ともよろしくお願いいたします。
[PR]
by atolie | 2012-07-31 14:22 | あとりえのアイデアボックス | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://atolie.exblog.jp/tb/15882438
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ウッドデッキ、塀塗装 ~すべり台の家 見学会を開催しました! 〜カフ... >>